2008年12月23日

朗読「SAKURA/OKINAWA」試演会(その1)

昨日は、畑礼子さんと内海ふくさんをお招きしての朗読「SAKURA/OKINAWA」の試演会。

朗読「SAKURA/OKINAWA」の「SAKURA」部分では、『丹鈴』という記念誌に収められた文章を読ませていただきます。終戦の年に佐倉高等女学校を卒業された方々の会を「丹鈴会」といい、『丹鈴』は、その方々が卒業50周年を記念して刊行された記念誌。

この日お越しいただいた畑さんと内海さんは、おふたりとも「丹鈴会」の方ですので、ようするに「当事者」の方々を前にしての試演会、ということになります。

当然、みんな緊張してガチガチ。

朗読がはじまると、畑さんと内海さんは終始、目をとじられ、時おり深く頷かれて、朗読に聴き入ってくださいました。そのようすに「助けられた」というのが、終わってからみんなが一様にもらした感想でした。

朗読者全員、おふたりに「助けられ」「励まされ」、何とか朗読を終えることができたのでした。

そして《語り》が深い《聴取》《傾聴》によってこそ成立するという、ごくあたりまえの事実に、しかし今更ながらあらためて気づかせていただいたのでした。

試演会の後、畑さん・内海さんと、朗読に参加している佐倉東高校の現役生・卒業生との懇談会を行ないました。(そのようすについてはまたあらためてUPの予定です。)

朗読「SAKURA/OKINAWA」の「SAKURA」部分の朗読
20081222-1.png

朗読「SAKURA/OKINAWA」の「OKINAWA」部分の朗読
20081222-2.png
posted by 佐倉東高校演劇部 at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

「SAKURA/OKINAWA」朗読参加メンバー

今回の朗読参加メンバーは、佐倉東高校の現役生7名(うち1年生6名/2年生1名)、卒業生1名の総勢8名です。卒業生は、(このブログでもおなじみ)演劇部OGのフルサワハルカです。

朗読は初めてという人がほとんどなのですが、来年1月の本番にむけ、みんな張り切って練習に励んでいます(もっとも今現在は、試験期間中につき練習休止中)。

それでは、朗読参加メンバーの意気込み等をお伝えします。

朗読参加メンバーより一言
posted by 佐倉東高校演劇部 at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

携帯サイト開設

映画「ひめゆり」を佐倉で上映する会の携帯サイトを開設しました。
URLは、
http://isano.f01.jp/
です。

同時に掲示板も開設しました。
URLは、
http://isano.f01.jp/yybbs/yybbs.cgi
です。
今回の映画&朗読イベントにかんする事なら、ご意見ご質問ご要望等、何でもお寄せください。

なお、従来のPC用のサイトのURLは、
http://homepage.mac.com/isano/himeyuri/
です。

よろしくお願いします。
posted by 佐倉東高校演劇部 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。