2012年03月25日

3・25佐倉東高校×成田国際高校演劇部合同公演「MEMENTO/MOMENT(メメント/モーメント)」開催のお知らせ



佐倉東高校×成田国際高校演劇部 合同公演
MEMENTO/MOMENT(メメント/モーメント)
戦争×震災《忘レナイ為ノ演劇》


【日時】
2012年3月25日(日)
14:00開演(13:30開場)

【会場】
成田国際高校 文化ホール

大きな地図で見る

【演目】
@演劇「幽霊の時間」
A朗読劇「3・11〜あの日あの瞬間(とき)」
B演劇「新・ナオちゃんとフミおばあちゃんの物語」
アフタートーク「忘れないために」(ゲスト:成田市議・会津もと子さん)

【詳細】
@演劇「幽霊の時間」
 成田国際高校演劇部が「高校演劇20分シアターin流山」(2・12)のために創作した、ごくごく短いオリジナル作品。被災地からの転校生をモチーフに、人と人との《きずな》を描く。本公演では、その拡大版を上演する。

A朗読劇「3・11〜あの日あの瞬間(とき)」 あの日あの瞬間の記憶。ワタシが、またアナタが体験したこと。それからー。
どこかしらで感じている「申し訳なさ」の感覚。生きのこされた「後ろめたさ」の感覚。ニッポンの内部の、そう易々とは超えられない「へだたり」の感覚。しかし、だからこそ想像すること思いやること、精一杯。

B演劇「新・ナオちゃんとフミおばあちゃんの物語」 戦時下に佐倉高等女学校(現・佐倉東高校)で女学生生活を送った方々の手記『丹鈴(にれい)』を劇化・脚色した作品です。フミおばあちゃんが孫のナオちゃんにしずかに語りはじめたのは、70年前の少女時代のはなし、戦時下の女学生時代のはなしだった―。
*2011.2.26 佐倉東高校演劇部自主公演《ミミヲスマス 戦争の記憶を継承する》(@成田市民ホール)初演。2011.3.26 佐倉東高校演劇部自主公演/心に灯りを! 東日本大震災チャリティー公演《はだか電球×シアター》(@佐倉市ヤングプラザ)再演。今回は、台本を手直ししての、およそ1年ぶりの再々演。

アフタートーク「忘れないために」(ゲスト:成田市議・会津もと子さん)
会津もと子さん紹介
(1978年1月24日生まれ)
◆役者として舞台やテレビで活動するが、インド・タイ・カンボジアでの一人旅やボランティア経験が人生観を変え、保育の道を志す。
◆千葉県いすみ市の児童養護施設「子山ホーム」で保育士として子どもと一緒に生活する。
◆青年海外協力隊として、2年間エジプトに派遣。現地ではストリートチルドレンと演劇等の活動を楽しむ。
◆「社会福祉法人いんば学舎」でヘルパーとして障がい者の移動支援を行う傍ら、学校や児童養護施等で出前講座を行い、エジプトの体験談を伝える。
◆2011年の地方統一選挙にて、成田市議会議員に。
(ブログ「会津もと子の『smile room』」プロフィールより)

【本公演について】
要するに、3作品に通底するのは「記憶せよ」です。一昨年お亡くなりになった井上ひさし氏は、『父と暮せば』の上演にあたり、核廃絶を願うイギリスの歴史家E・トムソンの「抗議せよ、そして、生き延びよ」ということばを紹介し、そして、そこにさらに「記憶せよ」というひとことを付け加えました。「記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ」です。今回の公演タイトルは「MEMENTO/MOMENT 戦争×震災」としました。「MEMENTO」を英和辞典で引くと、「記念の品、形見、遺品、記念物、土産、思い出、記憶」とあります。そしてMOMENTは「瞬間」。ですから「MEMENTO/MOMENT」は、さしずめ「記憶/瞬間」ということになるでしょうか。そしてまた「MEMENTO」は、もとはラテン語。「記憶している」という意味の、ラテン語の動詞meminiの命令形です。有名なのは「MEMENTO MORI メメント・モリ」という警句でしょう。「死を想え」「自分が死すべき者であることを忘れるな」という意味です。したがって「MEMENTO/MOMENT」には、「あの瞬間を忘れるな」という意味合いも込めたつもりです。今回の公演の3作品は、いわば「忘レナイ為ノ演劇」なのです。
posted by 佐倉東高校演劇部 at 23:59| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

自主公演開催「心に灯りを! 東日本大震災チャリティー公演《はだか電球×シアター》」

3月11日に発生いたしました、東日本大震災により被災された方々のご無事と、被災地域の1日も早い復興を心よりお祈り申しあげます。

さて、この未曾有の大惨事にさいし、わたしたちは、予定されていた自主公演を開催すべきか否か、心底なやみ抜きました。結論から申しあげますと、予定どおり開催することにいたしました。そう決断した理由は、あれこれ頭のなかをグルグルするのですが、いまだうまく言葉にすることができません。あらためてこのブログ上で述べさせていただく機会もあろうかと思います。

ただし、たとえ開催するにせよ、電力不足が取り沙汰されている今、贅を尽くした照明装置など思いも寄りません。そこで今回の公演は、裸電球を中心として、その他LEDライトなど比較的消費電力の小さい照明装置を用い、アンダー200Wの省エネ演劇公演をめざします。チョイ(けっこう?)暗めかも、ですが、節電エンゲキに挑戦、です。

題して「心に灯りを! 東日本大震災チャリティー公演《はだか電球×シアター》」です。なお開催日時・会場・演目に変更はありません。

入場は無料。ですので、お代はいただきません。ただ、当日お集まりいただいた皆さまのおキモチを、東日本大震災の被災地の救援・復興に役立てていただくための義援金として日本赤十字社を通じて送りませんか? (注)もちろん強制ではありません! 佐倉東高校演劇部&特定非営利活動法人ワーカーズコープが責任をもって日本赤十字社に送金します。

※なお余震の発生状況、交通機関の運行状況、放射能の拡散状況、計画停電の実施状況、等々に応じては直前になっての中止もあり得ますのであらかじめご了承ください。
はだか電球*シアター.jpg

posted by 佐倉東高校演劇部 at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自主公演のお知らせ《ミミヲスマス 戦争の記憶を継承する》さくら公演

さくら公演チラシ.jpg

ミミヲ

スマス


戦争の記憶を継承する
**さくら公演**


去る2月26日(土)成田市民ホールにて開催いたしました本校演劇部自主公演《ミミヲスマス 戦争の記憶を継承する》は、お陰さまで盛況のうちに終了いたしました。さて、この成田公演に引続き、来る3月26日(土)佐倉市ヤングプラザ(2Fブラウジングサロン)にて佐倉公演を開催することとなりました。今回は、佐倉市ヤングプラザとタイアップしての公演であり、とくに若い方々に多くご来場いただければと考えています。また、ホールではなくオープンなサロンでの公演ですので、観客と出演者との距離が近くアットホームな雰囲気の、手づくり感あふれる舞台になりそうです。


日 時:2011年3月26日(土)
    14:00開演(13:30開場)

場 所:佐倉市ヤングプラザ
   (2Fブラウジングサロン)

参加費:無料

お問合せ先:【EMAIL】info@youngplaza.shiteikanri-sakura.jp
      【TEL】  043-484-6431(佐倉市ヤングプラザ)

演 目:
n゜1『ナオちゃんとフミおばあちゃんの物語』

ひきこもりの女の子ナオちゃんの部屋を、心配になって訪れたフミおばあちゃん。おばあちゃんがしずかに語りはじめたのは、おばあちゃん自身の少女時代のはなし。70年前、戦時下に女学生生活を送ったフミおばあちゃん。ナオちゃんは、その言葉にじっと耳をかたむける。
n゜2『父と暮せば』
原爆投下から3年後の広島。美津江は、原爆で親友にも肉親にも先立たれ、独りひっそり永らえている。ある日、美津江は勤め先の図書館にやって来た木下という青年に恋をする。けれども、自分だけが生きのこった後ろめたさから、その恋を断念しようとする美津江。「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」。そんな美津江を、父・竹造は懸命に励まし応援するのだが−−。
posted by 佐倉東高校演劇部 at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

自主公演のお知らせ《ミミヲスマス 戦争の記憶を継承する》

自主公演2011.jpg

ミミヲ

スマス


戦争の記憶を継承する

2008年暮れよりスタートさせた朗読劇『丹鈴』の取り組み。そのもとになった文集『丹鈴』には、戦時中に佐倉高等女学校(現・佐倉東高校)で女学生生活を送った先輩方の手記が収められています。わたしたちはこの2年間、朗読劇『丹鈴』をさまざまな機会に上演してまいりました。そして、これまで佐倉東高の数多くの現役生・卒業生たちがこの朗読劇に、あるいはキャストとして、あるいはスタッフとしてかかわり、そのつど非戦への思いを新たにしたのでした。さてこのたび、当初からの宿願である『丹鈴』の劇化・脚色にようやく着手し、『ナオちゃんとフミおばあちゃんの物語』として上演する運びとなりました。なにぶん弱小ブカツゆえ人数的制約やら何やら数々の制約にくるしみながらの上演であり、まだまだ拙さが目につくところも少なくないと存じますが、ご高覧のうえご批評ご指導たまわればさいわいです。また併せて、昨年お亡くなりになった井上ひさし氏の名作『父と暮せば』を、追悼の意をこめて同時上演いたします。みなさまお誘いあわせのうえ是非ご来場ください。


日 時:2011年2月26日(土)
    14:00開演(13:00開場)

場 所:成田市民ホール
   (成田市公民館3F)

参加費:無料

演 目:
n゜1『ナオちゃんとフミおばあちゃんの物語』

ひきこもりの女の子ナオちゃんの部屋を、心配になって訪れたフミおばあちゃん。おばあちゃんがしずかに語りはじめたのは、おばあちゃん自身の少女時代のはなし。70年前、戦時下に女学生生活を送ったフミおばあちゃん。ナオちゃんは、その言葉にじっと耳をかたむける。
n゜2『父と暮せば』
原爆投下から3年後の広島。美津江は、原爆で親友にも肉親にも先立たれ、独りひっそり永らえている。ある日、美津江は勤め先の図書館にやって来た木下という青年に恋をする。けれども、自分だけが生きのこった後ろめたさから、その恋を断念しようとする美津江。「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」。そんな美津江を、父・竹造は懸命に励まし応援するのだが−−。
posted by 佐倉東高校演劇部 at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

千葉県高校演劇第7地区春季地区発表会参加のお知らせ

夏芙蓉2010ポスター.jpg

  • 日  時 2010年6月12日(土)11:00〜12:00

  • 場  所 成田市民ホール(成田公民館 3階=JR成田駅より徒歩15分。またはバス停「門前」で下車)

  • 上演作品 夏芙蓉(越智優 作/『高校演劇Selection2003下』晩成書房より)

  • 内 容 県立ヤツシマ高校、第101回卒業証書授与式から11時間後、深夜の教室で千鶴は、彼女の親友舞子を待っていた。やがて現れた舞子に、友人サエとタマイを合わせた4人は、夜の教室で思い出話に花を咲かせる。たわいもない会話に含まれるほんの少しだけの亀裂が、やがて大きく口を開け、4人を引き離す。

posted by 佐倉東高校演劇部 at 11:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

朗読と演劇「サクラ オキナワ ヒロシマ」開催のお知らせ

SOHポスター.jpg
朗読と演劇「サクラ オキナワ ヒロシマ」

〜このサクラから馳せる

 オキナワ・ヒロシマへの想像力〜



日時:2009年11月14日(土)

   14:00〜15:45


場所:千葉県立佐倉東高等学校 会議室


入場無料



続きを読む
posted by 佐倉東高校演劇部 at 14:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

映画「ひめゆり」+朗読「SAKURA/OKINAWA」

主催/映画「ひめゆり」を佐倉で上映する会 後援/佐倉東高校同窓会
戦争-記憶-証言
長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」+朗読「SAKURA/OKINAWA」

©プロダクション・エイシア

映画&朗読、やります。
映画は長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」(柴田昌平監督作品)。ひめゆり学徒の生存者の方々の証言を綴った作品です。
朗読は、佐倉東高の生徒たちが佐倉高女時代の先輩たちの、戦時中の体験記等を朗読します。
皆様お誘い合わせのうえ、是非ご来場ください。

2009年1月30日(金)17:45〜20:45
       31日(土)13:45〜16:45
ミレニアムセンター佐倉 ホール(京成佐倉駅北口徒歩1分)


前売券 大人1200円/中高生以下無料
当日券 大人1500円/中高生以下無料

※電話またはメールでご予約いただいた方は、当日窓口で前売券を購入できます。
※中高生以下の方も事前予約をお願いします。
※当日券は、残席がある場合のみの販売となります。
(定員90名 全席自由)

予約・問合先
映画「ひめゆり」を佐倉で上映する会(伊三野/山口)
TEL 043-484-1024/FAX 043-486-0995(佐倉東高校内)
EMAIL himeyuri.sakura@gmail.com

スケジュール
posted by 佐倉東高校演劇部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

映画「ひめゆり」について(公式チラシより)

“忘れたいこと”を話してくれてありがとう。 Cocco

長く沈黙を保ってきた「ひめゆり学徒」
第2次世界大戦末期、沖縄では住民を巻き込んだ地上戦が展開されました。15歳から19歳の女学生たちも戦場動員され、献身的な看護活動の末、多くが亡くなりました。「ひめゆり学徒隊」です。あまりにむごい体験をへて生きのびた生徒たちの多くは、戦後長く沈黙を保っていました。
13年の時をかけ、生存した女生徒22人の
言葉を丹念に紡いだ作品

繰り返し映画やテレビ、舞台で取り上げられ「聖なる人々、殉国美談、反戦の語り部…」さまざまなイメージが「ひめゆり」にはつきまとっています。私自身には重すぎるテーマでした。しかし縁があってひめゆりの生存者の方々にお会いしてみると、私がわかったつもりになっていたのは余りに表面的なことにすぎないと気づき愕然としました。
ひめゆり学徒たちの思いと体験は、それを伝える側の気持ちが強すぎるあまり、かえって耳を傾けてもらえなかったり、断片として切り取られ伝えられることが多かったのです。沖縄の親戚の家に泊まり込み、彼女たちの証言にじっくりと耳を傾ける日々が始まりました。果てしない記録は今も続いています。

監督 柴田昌平

公式HP
映画「ひめゆり」公式HP
posted by 佐倉東高校演劇部 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読「SAKURA/OKINAWA」について

SAKURA 1907(明治40)年に佐倉女子技芸学校として創立した、現・佐倉東高等学校。戦時中は、佐倉高等女学校の時代にあたる。その佐倉高女に1941(昭和16)年入学、1945(昭和20)年卒業の同窓生の会に「丹鈴会」がある。「丹鈴」とは「赤い鈴」の謂、また卒業年の「二〇(にれい)」に因む。この会が卒業50周年にあたって編纂した『卒業五十周年記念誌 丹鈴』。そこには、太平洋戦争「開戦の年に入学し、終戦の年に卒業」した同窓生の稀有の体験が綴られている。リーディング前半は、この記念誌の文章を再構成し、佐倉東高の現役生・卒業生がこれを朗読する試みである。
OKINAWA 次いで、伊波園子著『ひめゆりの沖縄戦  少女は嵐のなかを生きた』「沖縄戦前夜」の章を朗読する。そこに描かれているのは、米軍が沖縄本島への艦砲射撃・空爆を開始する1945年3月23日以前の、ひめゆり学徒の日常。
SAKURA/OKINAWA 『丹鈴』のなかで、のちに千葉から沖縄へ移り住んだ方はこう書きしるす。「『終戦』と言っても地上戦闘が行われた場所とそうでない場所では深刻と切実さの度合が違う」と。また、別の方は「広島、長崎の方々やひめゆり女子学徒のような本当の苦しみ悲しみは分かりません」と書く。なるほど、沖縄では住民を巻き込んだ地上戦が展開され、目を覆うばかりの悲劇を生んだ。ただ、伊波氏の描く、少なくとも「沖縄戦前夜」までの女師(沖縄師範学校女子部)の情況は、『丹鈴』に見る、当時の佐倉高女のそれに酷似している。沖縄と佐倉という、遠く隔たった二つの地点ながら、彼方と此方の情況がオーバーラップし、そしてその同時代性を浮かびあがらせる。日常のなかにじわじわと浸潤してくる戦争。が勿論その後、1945年3月23日を境に、彼方と此方の命運は大きく分かたれることになる。
もっとも「戦争を知らない」世代である私たちにとっては、『丹鈴』の頁を繰ること自体、既にして驚きに満ちた経験である。これがよく見知った佐倉の、ほんの60数年前の光景なのかと。ましてや沖縄における「戦争の現実」を見聞きするにつけても、おのが《想像力》が、そのあまりに凄惨な《現実》にとても追いつかないという、暗澹たる思いにとらわれる。だからこそ、共有する努力をしたい。戦時下の佐倉から同時代の沖縄へ。そして、あの想像を絶する“鉄の暴風”下の沖縄へ。この佐倉の地から、あらん限りの想像力をふりしぼって、あの沖縄の悲劇に向き合いたい。

映画「ひめゆり」を佐倉で上映する会

posted by 佐倉東高校演劇部 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

佐倉東高校演劇部自主公演のお知らせ

セッちゃんポスター.jpg


  • 日  時 2007年11月17日(土)14時開演(13時30分開場)

  • 場  所 佐倉市立美術館4階 ホール

  • 上演作品 「セッちゃん」(重松清 原作/佐倉東高校演劇部 脚色)

  • 内  容 《劇上演》+《いじめフォーラム》のナント2本立て!? 「セッちゃん」は中学生の“いじめ”を描いた作品。なので、劇を観た後、みんなで“いじめ”についてあれこれおしゃべりできたらって、 そういう思いから《いじめフォーラム》を同時開催します。というわけで、特に中学生・高校生にできるだけたくさん集まってほしいって考えてます。あと、たとえばスクールカウンセラーの先生もお迎えしたりと、もちろんいろんな大人も加わりますが、あくまでも主体は子ども、って感じのフォーラムにしたいなって思ってます。

  • お問合先 gekibu@gmail.com


佐倉市立美術館案内図

posted by 佐倉東高校演劇部 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

佐倉東高校演劇部自主公演のお知らせ

anohi_p.jpg


  • 日  時 2006年11月25日(土)14時開演(13時30分開場)

  • 場  所 佐倉市立美術館4階 ホール

  • 上演作品 1人劇「あの日」

  • 内  容 私の心の奥底にしまった「あの日」の記憶。DVという痛みの記憶。今一度、あの日の痛みに向き合う。

  • お問合先 gekibu@gmail.com


佐倉市立美術館案内図

posted by 佐倉東高校演劇部 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

春季地区発表会(第7ブロック)参加のお知らせ

nastufuyo_p.jpg


  • 日  時 2006年6月18日(日)12:00〜13:00

  • 場  所 成田市民ホール(成田公民館 3階=JR成田駅より徒歩15分。またはバス停「門前」で下車)

  • 上演作品 夏芙蓉(越智優 作/『高校演劇Selection2003下』晩成書房より)

  • 内 容 県立ヤツシマ高校、第101回卒業証書授与式から11時間後、深夜の教室で千鶴は、彼女の親友舞子を待っていた。やがて現れた舞子に、友人サエとタマイを合わせた4人は、夜の教室で思い出話に花を咲かせる。たわいもない会話に含まれるほんの少しだけの亀裂が、やがて大きく口を開け、4人を引き離す。

  • お問合先 gekibu@gmail.com

地図を表示
posted by 佐倉東高校演劇部 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

佐倉東高校演劇部自主公演のお知らせ

toshi_p.jpg


  • 日  時 2006年2月26日(日)10:30〜11:30(10:00開場)

  • 場  所 ミレニアムセンター佐倉 ホール(京成佐倉駅北口 徒歩1分)

  • 上演作品 トシドンの放課後(上田美和 作/『高校演劇Selection2003下』晩成書房より)

  • 内 容 高校の生徒相談室で、教室に入れない別室登校の男子生徒と、問題行動を起こした謹慎処分中の女子生徒が出会った…。

  • お問合先 gekibu@gmail.com


地図を表示
posted by 佐倉東高校演劇部 at 10:30| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。